株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門―ウィザードが語る必勝テクニック基礎から応用まで 魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門―ウィザードが語る必勝テクニック基礎から応用まで
リンダ・ブラッドフォード ラシュキ、ローレンス・A. コナーズ 他 (1999/10)
パンローリング

この商品の詳細を見る


著者 長尾慎太郎(翻訳者)
短期トレードの最高テクニック マーケットから利益をあげるためには様々な方法があり、投資家はそれぞれの立場や事情、目的に応じて異なった戦略を取ることになる。機関投資家のように、何らかのインデックスを設けてより長期的な観点からそれをアウトパフォームすることを目指す場合もあれば、一般投資家のようにより短い時間枠で絶対リターンを狙う場合もある。
さて、本書はアメリカでベストセラーになった短期トレードの究極の指南書である「Street Smarts」の邦訳である。著者はリンダ・ブラッドフォード・ラシュキ女史とローレンス・A・コナーズ氏である。両氏ともに名の知れた凄腕トレーダーであり、近年は日本でもおなじみになりつつある。
また、ここで紹介されているテクニックは既にアメリカのマーケットにおいて有効に機能するものばかりであり、さらに日本のマーケットにおいても、これらを使うことにより実際に利益をあげ得ることが確認されている。
今後日本でも通信インフラの発達や、手数料の低下、パーソナルコンピューターの高性能化に伴って、ますます一般投資家のトレードにおける短期時間枠かつ絶対リターンへの流れが加速されるものと思われ、その場合必要になるのはいわゆるファンダメンタル分析ではなく、テクニカルな分析に則った戦略である。本書はまちがいなく短期時間枠でのトレードに関する最高の解説、実用書である。熟読して実践することにより、すぐにその効果、有効性を実感できるものと思う。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ラシュキ,リンダ・ブラッドフォード
CTA(商品投資顧問業者)であり、資金運用と業務のヘッジが専門のLBRグループ・トレーディング社と、調査とシステム開発が専門のLBRムーア・トレーディング社の社長である

コナーズ,ローレンス・A.
投資顧問会社のコナーズ、バセット&パートナー社と、金融市場調査会社のオーシャンビュー・ファイナンシャル・リサーチ社の社長で、この2社はカリフォルニア州マリブにある

世良 敬明
1995年、明治大学政治経済学部政治学科卒。1995年、大手商品取引員入社。営業を経て米国語学留学。NY支社にて業務研修中に先物業務資格試験(シリーズ3)合格

長尾 慎太郎
1990年、東京大学工学部原子力工学科卒。90~95年、シティバンクで、金スワップ取引、商品ファンドの組成、管理業務に従事。95年~現在、オカトーインベストメントマネジメント株式会社のトレーダーとして、先物市場で資金運用に従事、システム・トレーディングを中心とした売買を行っている

鶴岡 直哉
1993年、ラトガーズ大学経済学部卒業。現在、情報提供会社に勤務。アナリストとしてテクニカル分析を担当した後、現在システム運用のリサーチに従事している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


目次

1 試し
 タートル・スープ
 タートル・スープ・プラス・ワン
 ほか
2 押し/戻り
 アンチ
 聖杯
 ほか
3 クライマックス・パターン
 鞭打ち
 3営業日以内に窓を埋める反転
 ほか
4 ブレイク・アウト・モード
 値幅収縮
 ヒストリカル・ボラティリティがトビー・クラベルの条件に適合
5 相場を考える
 スマート・マネー・インディケーター
 再びトレード管理について
 ほか

株でも為替でも、短期売買をする人間にとって、非常に重要な、ポイントを解説していると思われます。こういう優れた本をジックリ読まれると相場力が格段とアップします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。