株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 危機が本当の危機になるとき

バブル崩壊が本当の崩壊劇を迎えるとき
と言い換えた方が分かりやすいと思います。

アメリカで住宅バブルが弾けたのが2006年だったと思います。
その後の株価上昇は金融が支えた形になっていました。

そして実際にバブル崩壊として目に見えるようになったのが、
2007年後半から2008年ということになります。

この1年から1年半はなんだったのかというと、
ジリ貧という動きだったと思います。

ジリ貧なら、住宅の取引が減ることもないし、
むしろ、いい調整がやってきたと思って買われる場合が多いです。

その後も下落が止まらず、むしろ加速し始めると、
一気に冷え込み始めるし、投売りも出てきます。
買い手が減ったところに売り物件だけが投げられるので、
最後は大暴落となります。

特に、住宅のようにボリュームの大きい市場の動きはそうです。

これは何をたとえているのかはさておき、
ユーロのような問題は、すでに表面化しているし、
スペイン云々もかなり織り込んでいるのではないかと思います。

だからといって、ユーロが今の価値を維持できるのかというと、
それはかなり疑問に感じています。
円よりも価値は薄いでしょうし、当然ドルよりも薄いと思います。

後は、マーケットが決めることだと思います。

今の住宅バブルといえば、中国じゃないでしょうか。
今のところうまくやるんじゃないかといわれているけれども、
数年がカギだと思っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。