株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 新しい読者の方のための日本の財政の話

僕のブログを読まれている方なら、
日本の財政の話はもう決着がついていることなので、
別にどうってことのない話だと分かっていると思います。

ですが、新しい読者の方はご存じないかもしれないので、
良い年を越すためにも、スッキリしてもらいたいと思います。

日本は破綻すると、煽られ捲くっていますね。
きっと、ビビッている人も多いかもしれませんが、
結論は、ぜんぜん大丈夫です。

一般的には、自国通貨建て債券だからとか、
貿易黒字国だからとか、
世界最大の債権国だからとか、
そもそも、刷ったカネなんだから関係ないとか、

こういうのが一般的な解釈だろうと思います。

ですが、ボクは、これを少し料理します。

日本が財政破綻するとしたら・・・

日本国債が売られはじめます。
当然、金利が上がります。
破綻するんじゃないかとビビれば、
キャピタルフライトが起きるかもしれませんので円安でしょう。

円安になれば、日本が持っている債権の価値が上がります。
金利収入も増えます。
しかも、日本には高度な技術力と強い競争力があるのだから、
円安であっという間に日本の天下になります。

なので円安は進みません。

一部の変わった人たちが300円600円800円と
オークションのように吊り上げていますけれども、
そんな円安が起きないことが分かります。

企業業績が絶好調になりますので、貿易黒字額は激増します。
中小企業が急回復します。
税収が上がります。
所得も上がります。
消費も上がります。
株も上がって来ます。

こんなことが起きて財政破綻はないでしょう。

もし、ありそうになっても、日本にとってプラスになるだけです。
なので、ビビル必要は全くないのです。


どうして、財政破綻論者は、頭が悪いのかというと、
世の中の現象が静的なものだと考えているからだと思います。
教科書的なものだと勘違いしているのかもしれません。

ですが、世の中とは、動的なもので、流動的です。
常に変化していますので、マーケットはあらゆるものを織り込んできます。

ですから、明日いきなり破綻ではなく、
マーケットでは国債が売られたり、通貨が下がったりし始めるのです。
これは、ユーロを見ていれば分かると思います。

今は、全くそのような兆候はありませんし、
起きたとしても、その結果何が起きるのかを考えれば、
何もビビルことがないことが分かりました。

それに、円安になるんだったら、
円を売ればいいだけです。
どうせ、120円にも行かないと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。