株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 売られた原油先物がV字回復

あららって感じです。

底は浅いと思っていましたけれども、
まさか、こんな形で回復するとは思いもしませんでした。

安値切り上げという形になっているので、
強い上昇が起きる可能性がありえます。
したがって、関連しているものは、強気ということになります。

今日のECBの金利発表で、
トリシェ総裁は、インフレを心配していると述べました。

インフレの嵐に襲われる国は、経済的に弱い国からなので、
見ていれば、非常に分かりやすいです。

経済が弱いということは、購買力が弱いので、
同じユーロを使っていても、物が手に入らなければ、
価格が上がる可能性があるということ。

なので、アメリカ、日本、ドイツ、フランス、イタリア、英国
などの国は、順番としては最後の方になると考えられます。

中国は、経済規模は大きいのだけれども、
その中身は非常に脆弱なので、インフレとなってしまっています。

インドは、利上げが後手後手なので、
上下に振れる傾向が高い。
これは、長期的な経済成長という観点から、
マイナス要因となる可能性が高いです。

そんな状況なので、この原油価格の動向には注意が必要です。
原油は、あらゆるものの原価のようなものなので、
あらゆる商品価格が上昇する可能性が高いです。

やはり、今年はインフレの年になるのは間違いないです。
そして、債券が売られ、金利が上昇すると考えられます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。