株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • デフレ回避のために起きたインフレ

通貨は下落している。今のインフレはハイパーインフレになる入り口だという人がいるし、ドイツのハイパーインフレとなぞらえる人もいる。

そんなことを煽って詐欺をやり逮捕された「夢大陸」なんていう詐欺会社があった。きっとこれからも同様の詐欺会社は摘発されるだろうと思う。

正しい認識として、昔のドイツと今の先進国の経済基盤は全く異なるということだ。加えて、当時のドイツが行っていたトンデモ政策は、手形とかをドンドン割り引いてくれたことだ。これは陰謀だったと思うのだが・・・

手形の話は一般にはあまりよく知られていないのだけれども、これも詐欺の手口の一つとしてよく使われる。

まず、手形を発行することは、どんな会社でもできる。混乱しているドイツで取引相手なんて必要ないのだ。それを銀行に持ってゆけば、割り引いてくれたのだ。

手書きで1億円と書いた手形を銀行に持ってゆけば、8000万円とかになったわけ。

つまり通貨発行権が国だけの特権ではなく、個人にも与えられたということだから、これでインフレにならない方がどうかしている。まさにジンバブエ状態だ。

そして、タダで手にしたお金を外貨に換えれば、何のお咎めもない。ドイツで食料を買い占めることも簡単にできてしまうのだ。ただで手に入れたお金なんだから。

そうやって、ドイツはハイパーインフレに突き進んでいったというわけ。

近年、同じような通貨発行をやったのはジンバブエぐらいだと思う。

それで、すぐに日本がハイパーインフレになるとか、経済が破綻するとか、煽る人がいるけれども、現状ではありえないということは簡単に分かるはず。

しかし、デフレ回避のために通貨を発行した中央銀行によって、今はインフレの猛威の入り口に来ているのは間違いない。

かろうじて、原油が92ドルとか、食料品価格が最高値を更新しそうだとか、インスタントラーメンが5食で300円とか、そんなレベルだから、まだまだかわいいものだと思う。

とはいえ、利上げができる経済状況でもないから、利上げはできない。しかし、インフレは一定水準にとどめなければいけないという、二律背反に陥っているのだ。

もし、このまま国がわがままを通し続けたとしたら、大きな亀裂を生じさせ、摩擦を生み、世界は大混乱に陥る可能性があると思う。そうなると、戦争だって可能だし。テロだって起こりえる。インフレもだ。

今は、そのターニングポイントにあると思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。