株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ユーロドルが軟調なので、押し目待ちかな

今はユーロドルが売りという動きではないようなので、この下げでは買いのチャンスがやってくるのかもしれない。

トリシェ総裁は、小国の景気なんてどうでもいいといい、ECBは物価にのみに注視していればいいのだと宣言した。というか、昔からそうなんだけど、頑固一徹って感じがする。

ドイツはこれからも強いと思う。あの国は、内需は弱くて、輸出立国なんだよね。日本の新聞じゃ、日本は輸出依存の国だとかいっているけど、ドイツの輸出依存度は日本とは比較にならないからね。

G7でナンバーワンの40%ぐらいあるのだ。ちなみに、日本は16%ぐらい。

貿易依存度でいうと、ドイツは70%ぐらい、日本は30%ぐらい。

今のドイツは、中国などに、車とか、医療機器とか、ガンガン売っているので強いと思う。

TPPとかでもめているぐらいなら、売り物をそろえて、そのラインナップをどの程度売って、どのくらいのメリットがあるのかを出せよっていいたいね。

つうか、アメリカが物を売りたいだけのシステムなんだけど・・・アハハ・・・バカ丸出しだこりゃ。

最近中国は、インフレ対策をしているけれども、GDPは9.8%の伸びだったことを考えると、ドイツにとっては明らかにプラス。

そして、ユーロは、マルク時代とくらめて、相当安いと思う。比較するだけのデータは持ち合わせていないけれども、きっと20?30%ぐらいのメリットはあるんじゃないかと思う。

ということを考えると、ユーロは一段高はあるかもしれない。

そして上がってくると、ユーロの債務問題がクローズアップされてユーロが下がるという展開になって、ドイツホクホクというシナリオ。

利上げがいつあるのか分からないけれども、引き上げる可能性が高いので、目先は上昇期待という流れだと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。