株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • これから日本国債の格下げが続く可能性があるかも

かも論なんですが、今の民主党政権だろうと、次どこが政権交代しようが、社会保障制度で大鉈を振れないでしょうし、議員定数の大幅削減などにも切り込まないでしょうから、続くと考えているわけです。

いいんじゃないですか。これで。

バカがやるとこうなるということが誰の目にも分かるんですから。

期待としては、格下げの連発で円安に傾き、国債が下がり金利が上昇して、キャピタルフライトが起きる可能性もあるというわけです。

そうなると債務の借り換えコストが高まりますので、抜本的な手段に出ないことには、にっちもさっちも行かなくなるというわけです。

当然、国内は大混乱に陥ってくるはずですので、各地でいろいろなデモが起きる可能性は高いです。

そのとき、日銀に国債を買い取ってもらうとか、あらゆる可能な手段を検討して、できるところからはじめるかもしれませんが、『疎いんで』なんて平気で発言するようなマヌケが総理なら何もできません。

もし円に自信が持てないということなら、ドルやユーロに替えて、それを証拠金で円売りをすれば儲かると思います。

今相場でどこを攻撃したいのかといったら、外国人はほぼ100%日本国債や円だというと思います。

ですが、ドイツを見て分かるように、円が叩き売られれば、GDPが上がります。輸出企業が絶好調になるので、国債が売られる分株が上がり、景気が回復するというシナリオもあります。

しかし、現状の国債が莫大なので、金利が上昇すれば借り換えコストが莫大になって、借り換えだけで消えてしまうリスクもあるわけです。

どういう展開になるのか楽しみになってきました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。