株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 春節明けの中国の利上げは可能性大

タイミング的には春節明けの利上げの可能性は十分にありえるのではないかと思われています。

そうなると、為替は一旦、ドル高になる可能性があるのかもしれませんが、瞬間的なドル高で終わるのではないかと思います。

その一つの理由は、株価は利上げで調整が入ったとしても、今のアメリカの堅調さなどを考えると、すぐに回復してくるものと思います。そうなれば、再びドル安になるのではないかと思います。

中国は、中東・エジプトでの出来事の影響を警戒していて、そのため、もしかすると、0.25%の引き上げではなく、0.5%程度のちょっと大幅な利上げに踏み切る可能性はあるかもしれません。

ということなので、瞬間的な動きに乗るか、その瞬間的な動きが終わったところで乗るのか、ここは好みの世界だと思います。

デイトレ派は瞬間的な動きに乗って稼ぎ、スイング派は流れに乗って稼ぐということになるんでしょう。

とりあえず、瞬間的にドル高になると想定していますが、どの程度押してくるのかを注視してゆきたいところです。

政治的には、中国は今政権が終わる時期なので、冒険につながることは絶対にしないと考えられます。とにかく、2012年までは、できる限り引きの場さえるものは引き伸ばすという姿勢でゆくものと考えられます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。