株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • スパルタカスが現代に蘇ったのだろうか

スパルタカスといわれてすぐに分かる人が多いのか少ないのか、全く見当もつかない。

ローマ帝国時代の剣闘士の一人で、世界遺産になっているコロッセオで、実際に戦った人物です。そこでは、人と人が闘うだけでなく、猛獣とも闘わされ、権力者はそれで大儲けしていたわけです。

そのスパルタカスタたちの怒りが爆発して、反乱を起こし、ローマ軍と戦い、連戦連勝し、最後には戦死してしまうわけですが、以後、奴隷の待遇が改善されたとのことです。

第三次奴隷戦争といわれ、歴史的にも非常に有名です。

今、北アフリカや中東で起きている≪民主化デモ≫と表現されているものの本質は、実はここにあるのではないかと思うのです。

あちらの国は、独裁で、庶民は抑圧され、仕事もなく、生活は苦しくなるばかりだけれども、権力者連中だけは太りまくっているというわけです。

だから、第○次奴隷戦争になっていると考えるのが、正しい認識だと思うし、だからカダフィーは虐殺を繰り返しているんだと考えられます。

これは何もリビアだけが特殊ではなく、他の国も同じことをしてきました。なので、彼らのモチベーションはハンパじゃないわけです。勝つか、全滅するかの戦争なのです。

今回、もし途中で終わることがあっても、この流れを変えることはできないので、いずれ、彼らの権力は失われ、転覆することは間違いありません。

そういう歴史認識で、今の現象を捉え、その動向を見据える必要があると思います。

もし原油が一時的に200ドルになってもいいじゃないかと思います。その結果、彼らに新しい時代がやってくるのなら、良い時代がやってくることは間違いありません。

我々は、彼らの運動に参加する立場ではなく、その中で稼ぐ立場です。だから、彼らと同じように真剣に稼ぐだけです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。