株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • UKの不動産が2月に0.3%上昇で緩やかな回復期待

UKの不動産がさらに落ち込むのではないかと、懸念していた人がいたけれども、底打ちなのではと思うような動き。

ただ、この0.3%は国内の力によってではなくて、海外からの不動産投資資金によって上がっただけと思うので、経済の見通しの判断は難しいと思う。

無難に、緩やかに回復するのではないかというしかないのだろう。

そうなると、利上げはできないということになるわけだ。

緩やかに回復しているとき、あるいは、ようやく病院のベッドから立ち上がった人に、東京マラソンが無理なように、今の英国経済に利上げは、リタイヤどころか、再び病院送りになりかねない局面と考えられる。

そうなると、生活コスト上昇の不満をどうやって解決するのだろうか。

現状では、世界的なインフレが収まる気配はないので、放置することは、政権にとって致命傷になると思う。

日本も難しい舵取りをしているのだけれども、それ以上に難しい舵取りをしているのだと思う。

一つの解決策は、英国国内に投資資金を呼び込み、景気刺激と拡大を目指す以外にないのかもしれない。だから、海外投資家の不動産投資は大歓迎だろうし、オリンピックもありがたいというわけだ。

それで浮上できるかどうかは不明だけれども、刺激策にはなるので、ロンドンオリンピックに行かれれば、良いサービスを受けられるかもしれない。

ということで、FXで稼いで、オリンピックにでも行きましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。