株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ダウングレードで下がらないユーロ

これを投資家がバカだという愚か者がいるかもしれないが、一般には、当人が愚か者なのだ。

久々のユーロネタだが、なぜ上がっているのかわかっているだろうか?

先週も書いたけれども、ドルのインデックスが一つのカギになっているのだ。

ドルインデックスは、2010年11月の安値を割り込んだ。にもかかわらず、同水準に届いていない通貨ペアが存在するのだ。つまり、出遅れているというわけ。

それがユーロであり、ポンドなのだ。だから買われているとも言えるのだ。

しかも、最近のインフレで利上げに迫られているのがユーロとポンドなので、コモディティ価格が上昇するとこれらの通貨も買われてしまうというわけ。

いいんじゃない? トリシェさんは通貨高政策に切り替えてきたのだから。

もし、ユーロが利上げしたとする。その場合、商品価格が下がるだろうかという命題が存在する。

答えは恐らく下がるだろうということだろうと思う。理由は簡単で、先進国が商品高にラブ注入しているのだから、その注入が途絶えれば、その分調整を刷ることになるだろうというものだ。

しかし、それで商品高が終わるとは考えにくい。ユーロは恐らくマイナス金利に突入しかねないので、それはそれで別のエンジンになるのだ。

調整が入ったとしても、そのときはそのときで、また上がるときに買えばいいだけなのだ。

もしマイナス金利になってしまったら、そのときのECBのスタンスと、相場を見て判断するしかないのは言うまでもないところ。

ということで、面白い相場は、まだまだまだ続くと思う。

その間、やった人間だけが稼げるというありがたい時代なのだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。