株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 恐慌が巨大化している今、投資と逃避を考える

現在、恐慌の真っ最中だということに気がついている人は案外多いのではないかと思います。

そんな中、何を買うことが安全で、大きく稼ぐことができるのか、これがきわめて重要なのではないかと思います。

幸い、円は強いです。財政赤字めいいっぱいなのに強いのです。理由はただ一つ、実質金利が相対的に高いからです。

そのため、円に資金が逃げているというわけです。

ほかにもまだ強い通貨があります。それはスイスフランです。

スイスでも、スイスフラン高で産業界から懸念が噴出していて、何度も為替介入を実施してきました。この点は日本と同じです。

しかし、結果は、それでもスイスフラン高でした。日本も協調介入をしたところで、円高に歯止めはかからないと思います。

恐慌が巨大化している現在、一体何をすべきなのだろうかと考える必要があると思います。

一つには強い通貨を買うことではないかと思います。そして、それもいつか終わりが来るということです。

もう一つは、今のジャブジャブ金融緩和で、お金は行き場を求めています。その一つが通貨であり、債券であり、株であり、商品なのですが、徐々に選択肢がなくなりつつあります。

そんな中で、為替は非常に有効な投資先であると同時に、逃避先にもなりえるのです。

そんな時代だからこそ、スイスフランや円が買われているのです。

特に今は、スイスフランを徹底的に攻略することが、今求められているのだと思います。もちろん最後は反発しますが、ファンダはそう変化するものではありませんので、トレードは長い間持続できるはずです。

そして、景気がよくなれば、マネーは積極的に活動を始めるので、金利が引き上げられる通貨が強くなってゆくはずです。

今はまだ恐慌の真っ只中で、この巨大化する恐慌の最終幕が終わるまで、この劇は続くと考えるべきと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。