株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
商品高になっています。特に震災以降、その流れに勢いがついたと思います。

そこで、簡単に、原油と天然ガスについて考えてみたいと思います。

原油はなくなるといわれていて、価格上昇に歯止めがかかりません。しかし、同じことは、20年前にも30年前にも言われていました。

しかし、今は原油がありますし、サウジは今も産出しています。

あれはウソだったんでしょうか? ある人は、採掘技術が向上したからだといいます。確かにその面は否定しませんが、高々、ちょっとした技術革新で、何十年も埋蔵量が増えるとはちょっと考えにくいです。

この辺は勉強が必要だと考えています。

一方で天然ガスは、シェールガス、メタンハイドレートなど、世界に広く分布していますので、価格は安いです。原油が上昇しているのに下がっているのはこのためです。

そうすると、今のように商品高の時代では、エネルギーなどの資源を持っている国はホクホクということになります。

分かりやすい言い方をすれば、オーストラリアやカナダはホクホクなはずです。詳しく調べる必要はありますが、オーストラリアは間違いないでしょう。

オージーは最高値を更新しましたが、カナダドルは最高値は更新していません。

ちょっとした温度差はありますが、それは恐らく金利分なのではないかとも考えられます。経済エリアから言えば、カナダはアメリカの影響が大きいです。オーストラリアは中国やアジアの影響が大きいです。

そういったことを考えると、オージーはまだまだ強い展開が続くのではないかと思うのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。