株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • リスクオフが無難。調整が大きくなる可能性も

今の相場の懸念はなんだと思いますか?

好材料と悪材料があって、そのシーソーゲームなんですが、今までは好材料が圧倒的に強かったんです。つまり、FRBによる金融緩和です。

この金融緩和を好材料に、あらゆる悪材料を飲み込んで上昇してきましたけれども、ここでは、その材料の燃料切れが鮮明になり、燃料が切れた後どうするのか。

今まさに、ココが注目されているのだと考えられます。

アメリカでは、財政赤字の上限に来月には到達するといわれていて、それをどう解消するのか、引き上げるのか、国債発行をしないのか、そういうギリギリの段階です。

次の材料は、中国の不動産バブル崩壊懸念です。

中国がリーマン後にV字回復したのは、57兆円の金融緩和といわれていますが、実際は、その金額は使っていません。アメリカなどの先進国の低金利マネーが押し寄せ、それによってV字回復したわけです。

ですから、実態経済がよくなったというより、不動産などが急騰しただけで、内需が充実してきたわけもないのです。

その不動産価格が今アブナイというわけです。

先進国の金融緩和姿勢の変化がありますと、投資資金を引き上げるのは明らかで、当然のことながら、中国の不動産市場への影響がないはずがありません。

ドルに関して言えば、ドルを買う状況でもないし、だからといって売れる状況でもないし・・・どうすっかなぁ~~見たいな状態になっているわけです。

なので、短期売買でコツコツ取るのが今のスタンスとならざるを得ないと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。