株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 中国は2016年までにアメリカを抜く

アジアの経済発展はIMFでは7%程度を想定していて、中国インドは、8~9.5%を想定しているようです。

各国のGDP(購買力平価PPP)を比較を見ますと、アメリカが$14,657.8Blで、中国が$10,085.7Blですので、やはり2016年までに逆転しそうです。

ちなみに、日本は$4,309.4Blです。中国の半分以下です。

えぇ~~~~?今年に抜かされたんじゃないの???

はい、GDPでは今年抜かされましたけれども、購買力平価で計算すると、2005年には、完全に抜かされていました。

どうりで、日本にパワーがなかったわけだ。納得!!

その中国のGDP(PPP)は2016年にはアメリカを突破すると考えられています。6年間8%ぐらい成長し続ければ、2016年には逆転すると言う計算なのです。

ただし、中国経済の問題点は、アメリカのように内需は充実していなくて、固定資本投資部分が確か、45%ぐらいしめていて、アメリカが16%ぐらい。

個人消費は、中国は35%ぐらい、アメリカは、70%ぐらいです。

固定資本形成は、ある時期は急速に必要なので、急速な発展をするんですが、急激に作りすぎると、アメリカの不動産市場と同じで、下がり続けてしまうことになってしまうのです。

中国は中国なりの進め方をしているので、従来の見方ではない視点が必要かもしれません。

ただねぇ~~・・・作りすぎたものは、価格圧迫を招くと思うんですが・・・

投資家としたら、資産価格の上昇で稼いで、人民元の切り上げで設けると言うスタンスなので、で尽くした後は、バブルが弾けるかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。