株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • オージードルの下げが顕著なのは大きな上昇の調整

オージードルが大きく上昇して下げてきていますけれども、下げたと言っても、大した下げじゃないです。

もし、大きく下げるような局面があれば、そこは買いの大チャンスだと思うんですが。

今、アメリカでは、財政赤字の上限を1.4兆ドルから2兆ドルにしてくれないとかと言う段階になっていて、恐らく引き上げられるだろうと思います。

引き上げたはいいけれども、どこが引き受けるんだってことです。

大半は日本だろうと思います。

原発ばかりというか、いつもそうですが、何かがあるときには、その裏でこういうことが行われているものです。

これは、日本の本当の機器に直結すると思いますので、そのための準備をしておく必要があるだろうと思います。

それは、単細胞的発想、脊髄反射的発想の円売りではなくて、その辺は冷静な判断が要求されると思います。

円安と吼えるのは自由なんですが、円安になって得をするのは日本で、国債を発行したアメリカではないんです。ここが重要だと思います。

何もドル円が60円や50円になると断言しているわけじゃなくて、単細胞的に円安と言う発想は危険だといっているだけです。

ただ、結果として、円安になるかもしれないけれども、金融政策を見る限りでは、ドル安と言うのが妥当なラインだろうと考えています。

アメリカが引き締めれば話は別ですけれども、現状では難しい選択だろうと思います。

チャンスが来ていると思うので、これはぜひ狙ってゆきたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。