株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 次は21:30 新規失業保険申請件数

ポンドはやはり0.5%の据え置き。

次は、新規失業保険申請件数や第1四半期非農業部門労働生産性がでますが、前者が重要じゃないかと思います。

そして何より、失業率です。

これは恐らく悪化という方向ではないだろうかと思います。

ただ、アメリカの失業率というのは、カウントの仕方があって、普通の失業者をカウントする方法じゃありません。

就職活動をしている人が失業者として考えるので、失業していても、職探しをしていなければ、失業していないとみなすのです。

なので、失業率が低下しているとか、景気が上向き始めているとかを知れば、就職活動をするので失業率が上昇する可能性があるということなのです。

といっても、今のアメリカ経済が良いとは言えないのは確かです。

とにかく、失業率は、悪化すると予想しています。もちろん、結果は出てみないと分かりません。ザックリ見れば9%なので、お世辞でもよいとは言えないのは確かです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。