株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 原油も大きく下落・リスクオフは確実に起きている

昨日から、ドル高の動きが出始めているのだけれども、これがどの程度のものになるのか、今のことろ分かりませんが、ドル売りポジションが貯まっていることを考えると、これがある程度減るところまでは視野に入れるべきではないかと思います。

ただ、問題は、最近のアメリカの財政の問題があります。赤字の上限引き上げはありえるものですから、そうなれば、ドルは一段安へと向かうはず。

短期的には、今晩の雇用統計なので、この流れに乗って今週は終わりということなのだと思います。

ドルに関しては、いくら研究しても仕切れないほどの闇が潜んでいますし、アメリカの金儲けの源泉が潜んでいます。

一つ一つ、説明をしてゆこうと思っています。

最初に理解すべきことは、ドル基軸通貨とドル安こそが、アメリカの国益だと言うことです。

でもボクはちょっと考えが違うんですよね。国の利益ではなくて、一部のエリートたちの利益が優先されているだけで、国の利益ではないと考えています。

国が潰れると個人も潰れると思うかもしれませんが、そんなことはないでしょ。個人の財産をたとえば、金として保有していたとしたら、国債や通貨の価値がゼロになっても、被害は限定的だと思うんです。

多くの人は一蓮托生に考えていますが、そうではないと思いますよ。

そういう話も、そのうち。また。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。