株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 失業率は予想通り9.0% スイング配信しました

まだ確定したわけじゃないこの時期に配信するのは、正直なところ、難しい気もしますが、9.0%の意味にするところを考えれば、問題ないポジションだと思います。

ただし、現在の動きがバブル崩壊の前兆なのか、それとも、単なる調整なのか、ここは難しいところなんです。

過去のパターンからすると、いきなりはじけることは余りありませんでした。高値圏での推移があって、どうにもならなくなってから下げてくると言うのが一般的でした。

今回もそういう動きになるのかどうかです。

WTI原油も100ドルを割り込んできましたが、将来的な原油不足を考えると、下げ止まったところは絶好の買場になると思います。

そしてドル。皆さんの関心が最も高いところだと思いますが、どうあがいても、希薄化の方向しか今はないだろうと思うのです。

希薄化の目的とは何かというと、一部の人たちが利益を享受するため以外にありません。

こういうと、何か陰謀論めいた話かと思う人もいるかもしれませんが、そういう側面は確かに否めませんが、ユダヤの陰謀とかそういう次元の話ではありません。

平たい表現をするなら、利権といったほうが分かりやすいのではないかと思います。

アメリカを牛耳っているのがどういう人たちなのか、大統領はどのような組織によって支えられてきたのか、閣僚のメンツ、そのようなことを考えると、自然と答えが見えてくると思います。

とにかく、現在のドル安と言うトレンドが変わるかどうか、そういう段階なのは間違いありませんが、中長期的には、ドルの下落トレンドは不変と考えています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。