株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 世界は常に金融戦争。その裏を知ることが重要

株価操作、不正会計、謀略、陰謀、スキャンダル、ポジショントーク・・・こんなことは当たり前の世界です。

当然為替にも深い深い闇が潜んでいます。

それらの闇の部分に光を当てて、健全なクリーンな相場にしましょう、クリーンな経済にしましょう、なんて、陳腐な発想で言っているのではなくて、それらを知らずして相場をやるのはキケンだと言うことなのです。

操作は当たり前。

アメリカからすれば、ドルの崩壊は避けなければいけない。避けることができないのなら、延命しなければいけない。と考えるのは当然。

もちろん、その過程で儲けようと考えるのも当然なのです。

我々個人投資家は、本当の事実を知ることはできないにしても、表面的な情報に安心してはいけないのです。

アメリカの財務省のホームページをご覧になっている人はおそらく少ないと思います。FRBやECBやBOE,日銀、各国の財務省のページ、BIS,IMF,WB、IEA・・・

アメリカの財務省を見ると、イールドカーブが掲載されています。綺麗なイールドカーブです。あれは人工的なものですが、別の側面で債券金利差を見ると、10年債と30年債のスプレッドは拡大し続けています。

これは単純に考えて、長期的に信用がないということなのです。

これはイールドカーブには出てきません。

つまり、情報は常に出ているのだけれども、それに手を加えることで見えなくさせることができるというわけです。

他にもまだまだありますが、そういうことが渦巻いているのが、マーケットの世界で、だからこそ、お金になるのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。