株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 23時 5月NAHB住宅市場指数発表

5月NAHB住宅市場指数
前回:16
予想:17
結果:14~17の間なので予想より悪いと思います

これは、「米住宅建築業者協会(NAHB)」に加盟している業者からのアンケート調査です。
50を基準とした計算式になっていて、16とか17は、状況が悪いと考えている業者が多いと言うことなのです。

2008年には、8をつけたことがあるので、そこから考えれば回復しているように思いますが、2009年4月から現在に至るまで、ほぼ横ばいです。

住宅在庫を見るとそのわけが分かります。

中古住宅物件が膨らんでいて、新築建築件数が非常に低いのです。つまり作りすぎによって、需給が緩んでいる状態なので、価格には下落圧力がかかるし、需給が回復するまでには長い時間が必要なのがわかります。

しかも、最近では、住宅価格指数が下落し始めてきたので、国有化した旧住宅公社2社共に債務超過に陥る可能性が高いです。

財政赤字が上限に到達し、引き上げるでしょうけれども、問題の原因が未解決のままです。

そこで、QE3は今はないのですが、低金利は継続しています。

唯一の光は、アジア経済です。アジアの人口は、インド中東までを入れると約38億人です。インドまでだと約33億人。

世界の半分が住んでいて、そこが猛烈に発展しているので、ここに期待をしているわけです。中国経済がバブルのは明らかですので、そのバブルが弾けたときには、その影響の大きさか想像ができると思います。

ですから、この辺りが注目ポイントになると考えています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。