株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ギリシャ問題と東電問題の共通点

ストロスカーン氏の逮捕は、ギリシャ問題、拡大してユーロ全体にとって大打撃だと考えたら、得をするのが誰かが浮上してくるのではないかと思います。

それはそうと、日本に換算すると年間45兆円を返済しなければいけないギリシャにとって、常識的な線での返済計画など不可能だと思うのです。

2010年意1100億ユーロの救済策を行ったけれども、ギリシャを救えなかった。さらに資金を投入するのか、ヘアカットするのか、期限延長するのか、複合なのか、あるいは別の選択になるのか。

いずれにしても、広義のデフォルトです。このままですまないのは明らかです。

傍から見ていると、ギリシャいじめに見えてしまいます。返せない人に返せといって追い込んでいるに過ぎないだけで、現実的な話ではないと思います。

これは、今の日本にもあると思います。東電ですね。

原発被害の補償を東電だけでできるものじゃない。どうしても国が介入しなければ解決できないし、痛みわけが必要なのだ。

国民は、東電の問題は東電だ。あんな横柄なやつらに情けは無用だといわんばかりの怒りです。

その怒りは、東電じゃ向きじゃないでしょと思うわけです。政府であり、政治家であり、保安院であり、有権者であるはずです。

みんな、責任のなすりありをしているだけ。

まさに、ユーロ圏もこれと同じ現象です。なすりあいをしている限り事態は改善しないばかりか、悪化して行くと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。