株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 僕らには僕らの戦い方がある

日本では放射能汚染食品が流通し捲くっています。

このブログでは当初、北海道を除き千葉県を加えた北関東以北の食材はすべて口にしてはいけないと書きました。

その後静岡県の茶葉の汚染が報告され、静岡県は検査しないといったことを受けて、北海道を除く静岡県以北の食材はずべて口にしてはいけないと変更しました。

実際、これを守れていますか? スーパーに行けば、汚染地域の食材が、3.11前と同じように並んでいて、不安だと感じながら買っているのではないでしょうか?

どうして、そんな汚染食品を買うのでしょうか?

今は、SNSが進んでいますから、それを使って西日本の食材を変えるようにしたらどうでしょうか? 少なくとも、楽天などでは買えるはずですよ。

次に学校給食です。

公立と私立とでは対応が異なると思いますので、異なるところから。不可能なら以下に続く。

公立の場合、西日本に引越し、もしくは転向させる。

私立の場合、転向ができなければ、最善策をとるため、給食のある学校に限り以下の電話をすることをお勧めします。

まず要録音です。大声で怒鳴るのは厳禁です。姿勢としては、法的手段に訴える覚悟で電話を電話します。すると相手に伝わります。

まず、食材の産地と出荷日を確認してください。おそらく、鮮度の関係から、取れたてだったりすると思います。

それから放射能汚染に対する学校の考えを聞いてください。おそらく、全員が、政府の規制を守っていますとか、厚労省の規制値を守っていますといいます。

現在は数十倍に引き上げら得た暫定基準値ですので、汚染食材だとの認識を持っているときちんと伝えたうえで、汚染食品を食べさせたくないとはっきりと伝えてください。そして給食拒否をしたい旨を伝えます。OKが出れば、それでよいです。

だめだといわれた場合、理由を明確に聞いてください。そして、将来子供病気になったら責任を取ってもらいますよとはっきり言います。次に校長先生に変わってもらい、同じ事を聞いてください。だめなら、校長先生の名前をフルネームで聞いてください。そして同じことを言います。

その次は、都道府県庁の教育委員会や保険関係のところに電話をしてください。同じことの繰り返しです。法律関係なら法務局です。

役所で無料の法律相談もやっていますので、そこに相談するのも手です。

最終的に、弁当になればいいのです。訴えたところで因果関係を証明することは困難です。それよりも、訴えられることは誰も好きではないので、弁当にもってゆけばよいのです。

もしこれをやらずに将来子供たちが何らかの病気を発症したときには、親の責任も発生してきます。

幸い私立の場合、裁判沙汰になるだけで、学校のイメージはガタ落ちになるので、どうしても避けたいと考えます。ですから、対応は丁寧ですし、迅速のはずです。献立に産地を記入してくださいといえば記入してくれます。

そうやって、可能な限りの自衛をしましょう。

東北の農作物を食べたい人をやめさせることが目的ではありません。不安な人のための解決方法のひとつです。

時間のかかる方法は正しい方法ではありません。行動すれば済むものはすぐに行動しなければいけないのです。

規制値を下げろなんていったところで、政府や役所というところは過ちを認めたがりません。気に入らなければ避けるしかないのです。

がんばりましょう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。