株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ギリシャの金利スプレッドが過去最高になり、デフォルトリスクが71%だとか・・・

何かの冗談でしょうと思いたくなるような現象です。普通なら、すでにデフォルトしている段階ですから、EU特有の現象だと理解すべきなのでしょう。

問題は、どこにあるのかといえば、すべてはEUがギリシャをユーロ圏に入れたことに原因があるわけです。

キリギリスさんおギリシャ人に、労働して富を稼ぐ習慣などないのです。

観光があると考えていれば、タクシー運転手でも、土産屋でも、飲食店ても、観光ガイドでもできるわけですが、ギリシャでは公務員が多いというのが現実です。

で、今何が起きているのかというと、ギリシャからはもらうものをもらった人たちが、お金を持ち出しているわけです。

公務員がお金を持ち出し、働く人は少ない、返済は巨額に膨れ上がっている。これでは返済などどう考えても不可能ですし、ヘアカットしても返せる見込みも少ないかもしれません。

債務返済期限の延長も、ヘアカットも、再融資も、ギリシャEU脱退、デフォルトさせる・・・どの手段をとっても、行き着くところは一つしかないような気がします。

そのとき、ギリシャがどこにいようがいまいと、ユーロ売りの方向に動くのではないかと思います。

少なくとも、底を打つまでは。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。