株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、ポンドが売られた以外に、動きらしきものはなかったように思います。

ポンドが売られた理由は、

6月PMI製造業
前回  予想  今回
52.1(52.0)  52.3  51.3

と予想を下回ったためです。

昨日のアメリカの6月シカゴ購買部協会景気指数は良かったんですけど、どうも、最近のイギリスはふにゃふにゃしている感じがします。

この前は、ロイズのリストラとかね。その前は、引き締めに言及してみたり・・・

こうやって、並び立てて見ると、イギリスって、火の車なんだなと分かると思います。増田悦佐産の本では、だいぶ前からイギリスは財政破綻の誘惑に勝てないのではないか、との分析をされていました。

ジム大先生は、アメリカもイギリスもすでに破綻していると分析しています。

破綻というと、ギリシャのようなことをイメージするかもしれませんけれども、この両国とも通貨発行権を持っているため、実際の手法はインフレということになります。

ただ、緩やかなインフレで大丈夫なのかなと、そういう些細な疑問を持っています。

通貨安という手法をとっていることも共通していますが、最近のインフレ率を考えると、それにも一定の歯止めがかかっているような印象です。

注視が必要だろうと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。