株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EUサミットとアメリカのデットシーリングで、大きな山場を迎えていると思いますけど、この程度の山場はぜんぜん山場じゃないから越えるんですけど、一応注意が必要な最近の情勢ですからね。

たぶん今回は大丈夫。だけど、問題は深刻化している。
問題の根本的な解決を先送りしている限り、いつかその問題が噴出します。

これが事実だと思います。

本題のドルとユーロでは、一体何が違うのかという話です。

大きな違いは、デフォルトに対する対応が正反対だと思います。最終的にどっちが良い結果を出すかはやってみないとわからないというのが実情かなと。

世界的な大実験なのかなという結論です。

かつて、ドルと並ぶ通貨は存在しませんでした。ところが、今はユーロという巨大通貨が誕生して、サイズはほぼ互角。だから、この実験が成立するというわけです。

経済の視点だけで見ると、こう見れるから興味深いです。

ドルは、ドルの希薄化で問題も希薄化するという戦略です。ユーロは、緊縮で問題を収拾するという戦略です。

ユーロの場合、「緊縮なんてやってらんねぇ~~ユーロを抜けてやる!!」といっても、民主主義ですから、議会でそれが通らないといけないわけですよ。それがたぶん通らないと思うんですけどね。

そうやって見ていると、この2つの対照的な取り組みは、興味深いことだし、今後の為替が同動くのかにも大きく影響してきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。