株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ギリシャ問題後退からスイスフランに利食い

スイスフランに利食いが入ってます。

今まで、カタストロフィへの警戒からスイスフランが買われてきたんですけど、ここに来て、利食いが入っているという感じです。

ってことは、スイスフランは天井を付けたということになるんだろうかということが一つのポイントになると思います。

結論は、一応、今は、天井を付けたと見たら良いんじゃないかと思いますけど、この先のことを考えた場合、本当の天井になるかって言うと、それはかなり疑問だと思います。

それは、金融政策で決まるので、今のままだと、今は一時現象ってことになってしまいます。

昨晩、GSが、今後1年間で、ドルは対ポンドで15%下落すると予想していましたけど、GSですから当てになりません。話半分で良いんじゃないですか。

僕はむしろその逆の可能性のほうが高いと思ってます。だからといって、GSと勝負しようなんて考えてませんよ。見ているポイントが違うだけだと思ってます。

今2つの壁があるって話をしたことがあったと思います。ギリシャとデットシーリングがそれです。しかも、越えられない壁じゃないとも書きました。

ひとつは越えました。たぶん。

もうひとつはこれからです。
EUが越えたんだから、アメリカが越えられなかったら、スットコドッコイ以下ってことになるので、たぶん大丈夫でしょう。ホントにたぶんですけど。

これを越えると、目先の山場を越えることになるので、スッキリ感が出ます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。