株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 2012年からのマーケットの近未来予測

2011年も2ヶ月をきってしまった。
そこで、2012年からの近未来予測をしておこうと思います。

悲観から楽観というのが、これから数年間のシナリオになるだろうと思う。

まず、イタリアを見るまでもなく、高債務国は、その債務を帳消しにする必要があるし、それに伴って銀行や金融機関がつぶれる可能性が出てくることも知っておくべきだろうと思う。

まさか・・・

大半の人はそう思うかもしれないですけど、世界には3つの坂があることはご存知だと思います。

上り坂、下り坂、そして、まさか・・・

今は経済の下り坂に入っていて、未知の事に直面しているのだ。
これまでの債券投資は非常に順調に行っていたし、今もアメリカやドイツ、日本の金利は低下している。このことを考えると、ほかを売って、これらの国債が買われているということが分かる。

この国債売りの連鎖が止まったとはいえないのだから、日本の金利の上昇もありえると考えておくべきだろうと思うし、ドイツもアメリカも、そういう運命にあると思う。

後はそのタイミング。

それらが終わって、初めて、次の成長軌道に入ってゆける。
そう考えると、悲観の後に楽観が待っていると考えればいいんだと思う。

だから、悲観の時代でもガッチリ稼いで行けば、楽観の時代では、とんでもなく儲けられるでしょうね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。