株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • リーマンショックの教訓とは何なのか

リーマンショックのときには、世界同時株価大暴落、ドルの急騰、債券の急騰、不動産価格の大暴落、物までも名売れなくなってしまった・・・

このコストは想像以上に膨大なものでした。

アレから、日米英欧に中国までもが景気刺激を行い、莫大なお金を使いました。
ところが、景気は完全には戻っていないというのが現状です。

一度、あのような大暴落が起きると、想像以上のコストがかかることがわかっているので、FRBもECBも、資金を投入して、起きないようにしています。

それが、QE3、LTRO3にまで及んでいます。

今、景気が失速しそうな段階で、しかも、スペインやイタリアの資金繰りが怪しくなってきていて、そこにLIBOR問題も浮上してきたため、アメリカの金融機関も危なくなりつつあるのではないかと思う。

もし、ここで放置したとすると、また暴落になりかねないため、それを未然に防ぐためにも、再び利下げ、量的緩和が行われるのではないかと思う。

しかも、世界的に広がっているため、世界的に利下げや量的緩和が行われるのではないかと。

そうなるだろうと想定して、ポジションを持つことが懸命ではないかと思うわけです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。