株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 結局為替は通貨発行量に従んだけど

為替がどうやって動くのかっていう話を、日本のニュースで見てると、よく登場するのが、「何で年高になってるのかわからない」とか、「日本が貿易黒字だから」とか、「赤字なれば円安になって黒字化する」とか。。。

共通してるのは、貿易や投資の収支で判断してるようなんだ。

FEDやBOEが大量に資金を供給したら、貿易云々よりも、はるかに規模も変化率も大きいから、こっちに従うと思うんだよね。

事実、ドル安、ポンド安いなったし。

意図的に、わかんない、変なこじつけをしてるとしたら、それは、もはや、日銀をみんなで守ってるように見えてしまうんだよな。

日本をデフレにしておくメリットは、今、カネもっている人たちにとってメリットがあるだけで、日本全体にはまったくメリットがない。

つまり、経済的な発想じゃなくて、単なる一部の権力者たちによる、わがまま、という類のものに思えるんだけど。

もし、日銀が通貨を大量に発行すれば、円高は是正されるし、株高になるし、デフレが解消されれば、債務にもプラスになるでしょう。

ただ、債務は成長によって解消される論は、机上の空論に映ってしまうんだよね。

ということで、日本って言う国は、大本営発表が今だに現在だってことだね。
原発事故のときにそれが完全に露呈したけど、それが他にも及んでいると考える人は、絶滅危惧種みたいな存在なのかもしれない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。