株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今のところ、月曜日特有の無風状態。

でも、21:30の「米 9月ニューヨーク連銀製造業景気指数」でもし押してくれば、絶好の買場。
もしかすると、同じように考えている人がいるんじゃないかと思う。

って言うのも、QE3発表後、ここまで急ピッチに上昇したので、調整が必要と考えているからだろうと思う。

でも、面白いことに、ゴールドは、押してくると期待している半面、まだまだ上昇すると考えて強気で買っている人たちも非常に多い。

QE2のときに上昇したけど、行って来いになって、調整が終わり、再上昇し、そして、QE2のときの高値にきているため、理論上、このプライスは割安と考えることができるからだ。

つまり、今の急ピッチな上げ相場を考えれば、最高値を突破して、2000ドルを超えて、2400ドルを付けてもおかしくない環境になったからだ。

そう考えると、ユーロの不安が一時的にせよ大きく後退し、QE3に踏み込んだため、ユーロドルはまだまだ上昇できると考えることができる。

具体的には、前回の高値水準あたりを考えてみたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。