株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 予想通り円安が止まり、目先はレンジへ

ドル円のテクニカルの分岐点は100円なので、年内に100円に到達するかもしれない。
となると、日経平均は13000円辺りを目指す計算になる。

今、円高方向なので、過去の円高体験が抜けていない人が多いため、80円になるというひともいる。

でも、安倍政権になり、アベノミクスになり、白川総裁は辞めるし・・・
こう考えるだけで、円高要因は消えているわけだ。

特に日銀は最悪だ。彼らは何のために存在しているのか、そんなことを考えると、少なくとも、日本経済のために存在しているのではなく、円高とデフレにするために存在しているとしか思えない。

それが彼らにとっての利益になるわけだから、そうなるんでしょう。

そこにメスが入ってきたことを考えれば、円高要因はかなり薄まったといえるわけだ。
つまり、80円に戻る可能性は低くなっている、ということになる。

一部言われているように、110円だとか、120円というラインは、正直なところ考えにくいレベルだと思う。
小泉政権のときに、すさまじい介入を続けて、円安誘導。
これがアメリカの住宅バブルにつながり、当時のアメリカの政策とも一致していたから120円なんてことが許されていただけ。

今のアメリカは製造業回帰を目指しているため、ドル安にしようとしている。
ドイツなんて輸出依存度が高いのだから、ユーロ高は困るに決まっているわけだ。
英国はリーマンショック後に製造業回帰を目指すといって、自動車に力を注いでいるのが良くわかる。

その中で、日本だけが、100円110円なんて円安を単独で目指せるはずもないし、世間の風当たりが強まるでしょう。

ということを考えると、テクニカル的な一つの節目が100円だとしても、100円にはなりにくい状況だといえる。
もし100円になることがあれば、それは天井だといっていいのでしょう。

それから、反安倍勢力も根強いので、いつかは終わる安倍政権後に、円高株安なんてことも十分ありえる。
日銀のDNAは健在でしょうから、円が急騰する可能性も無きにしも非ず、というところか。

先のことはわからないので、今の円相場はレンジになったと想定。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。