株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 相場調整の水準とは悲鳴が聞こえるレベル

上昇すれば調整が来ると、普通に言いますけれども、どの程度まで調整するのかということに言及する人はあまりいません。

結論的には、悲鳴が聞こえるレベルというのが調整の最終段階です。

ハッピーハッピーになったものは、そこまで下げる必要があるというのが、個人的な見解です。
悲鳴というと、主観的なイメージなんですが、値動き的にはセリングクライマックスといえばいいんでしょうか。

テクニカル的には、4割ぐらいの調整が来ると、信用ホールド組みは完全アウトになるでしょうね。

イメージで語られやすい部分ですが、レバレッジのホールド組みが、最後に投げたときが悲鳴のレベルと言えます。

ドル円で言えば、90円台割れで悲鳴でしょうか。あるかどうかはわかりませんけど。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。