株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ドル円レンジ上限抜けて踏み上げで?

ドル円がレンジ上限を抜けて103円をテストするような動きになった金曜日。
これからさらに円安に向かうと多くの人が考えている理由は、上昇トレンドが続いているからだと思います。

今回、ドル円が上昇した理由のひとつは、米長期金利が反発して、レンジ上限を抜けて、一気に踏み上げになったためと考えています。
ですが長期金利の動きはほとんどなく横ばい。長期金利だけの材料では、このままドル円が上昇するとは考えにくいとも考えています。

その米金利のイールドカーブに変化が出てきたことは、多くの人が気づいているようです。
いわゆるフラット化現象です。

一般的には将来の景気減速を予想する形なんですが、このままだと景気減速するとは限りません。

今回、フラットになったのは、イエレン議長の6ヶ月発言からです。結果論敵にはポロリじゃなくて、明らかにテストだといえます。
つまり、利上げがチョット難しくなったのではないかという形です。
ですが、このまま放置すればバブル化するので、どういう舵取りをしてくるのか注目しています。

そこで重要なのがフィッシャー副議長です。
フィッシャーさんの発言を聞いていると、先を見越して行動すると言っていますので、意外と利上げをあっさりしてしまうのではないかという気もしています。

なので、これからのFOMCはますます注目です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。