株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • チャイナリスクにチャンス到来 元高バブルの崩壊

中国理財商品に目が行ったと思ったら、今度はイエレン発言。
日本の投資家は芸能ニュースみたいな状況に右往左往しているように感じています。

そもそも、人間は芸能ニュースというか、ゴシップネタが好きなので、肝心要のところを見なくなる傾向があると思います。
投資家にとって、これは非常に注意しなければいけないことでしょうね。

まず、世界の金融市場の中心軸は米国金利と米株式市場。
これがベース。
今、ここにぐらつきが出ていることに注意しなければいけないと思います。

そして次は、巨大なバブル国家・中国。
理財商品のデフォルトが次々と起きる事態に直面してきていますので、リコノミクスバズーカに期待しているマーケットですけれども、大失敗の全人代では、救済はしないと決まり、経済政策も未決定です。

それから、ドル元が6.2元を超えると、元高を見込んでいた金融商品が一気に含み損になるという仕組み債も大量にあるとのこと。
これまで元が順調に元高になっていただけに、多くの投資家がおいしい思いをしてきました。
ところが、元高の背景になっている中国の輸出が落ち込み、元高の背景を失ったための売りが出ていると考えることもできます。
いわゆる元高バブルの崩壊。

ここに来て中国の輸出が振るわなくなったのは、工場の中国からASEANへのシフトです。チャイナリスクがあるためにこうなってしまったわけです。
中国の輸出を伸ばすためには、どうしても元安にせざるを得ないので、現在6.2元を越え始めました。

この辺から一気に加速する可能性も秘めているので、これは収益チャンスです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。