株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 米長期金利とドル円とDOWと日経を比較して動きを見てみよう

長期金利がどうのという話を良く聞きますし、僕自身もよく見ています。
ですが、実際にチャートを比較することはあまりないので、今回はチャートを比較して、それぞれの動くが連動しているのかどうかを見てみようと思います。

比較チャート140428

まずボラについてみると、日経平均のボラが高いということがよく言われていますけれども、安定という代名詞の債券の動きも、かなりボラがあるのが見て取れると思います。

これを見ると、米長期金利が上昇すると、ドル円日経は大体上昇していることがわかります。

長い期間を見ると、まったく連動していないときもあるので、必ず連動するわけじゃないということがわかりますが、今は上下にある程度連動しているという風に理解していただければいいと思います。

比較チャート1404282png

こんな風にすると、連動しているように見えますが、連動の度合いは高くないこともわかります。

ということで、今、長期金利が下がりそうな状態にあることを考えると、ドル円も日経も下がる傾向にあることがわかりますが、だからといって大きく下落するとは限らないということもわかります。

次にDOWは大体16000-16500ドルのレンジです。
DOWとドル円日経もある程度連動しているので、このレンジは影響してくると考えられそうです。

CNNMoneyによれば、DOWのPERは16.2倍、S&P500は19倍、Nasdaqは23倍。日経は14倍ぐらい。
ということは、どこが最も押してきそうなのか大体わかりそうなところです。

ということで、暴落ではなく、今は、上下しながら調整という見方をしてゆこうということになります。

ドル円は101.20円がとりあえず底になっているので、この辺で買い。
もし割ったとしても大きな下落は考えにくく、もしある程度突っ込んだとしたら、絶好の買い場になると考えられそうです。その水準は、今はまだわかりませんが、そんなに深くないと思います。

今使えるテクニカルは、レンジの確認とオシレーター系の指標だと思います。
トレンド系は使えなくはないですが、時間を短くして使う必要がありそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。