株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ドル円101円の攻防、日経14000円の攻防 今年の6月に底打ちか

ドル円が101円の攻防となり、日経は14000円の攻防となっています。

売買代金:1兆5550億円
値上がり銘柄数:437
値下がり銘柄数:1266

という形でジワジワ下げています。

マザーズは-5.38%という大きな下げが続いておりまして、信用の投げが続いている状態です。
こういうときは、プレミアム空売りを使って、現物の損をカバーするかしてゆかないと、お話になりません。

現在、NYの株式市場は、S&P500の出来高が20億株です。直近の50日平均の最低レベルが30億株ですから、非常に低い水準です。

S&P500:1882.51 +4.65 (0.25%)
DOW:16492.79 +1.48 (0.01%)
Nasdaq:4116.96 +26.37 (0.64%)

ここから下がる可能性が高いので、そうなれば、ドル円は100円台の攻防に切り替わり、日経は13500円を意識する展開になります。

以前から、ドル円は98円、日経は13年6月の安値を目指すと言っています。日柄は今年の6月半ば頃ではないかと予想してています。

そこから反転が始まると考えていますので、期待してみたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。