株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 米司法省が5人の中国人ハッカーを起訴で金融戦争勃発?

USスチール、原子力大手ウェスチングハウス、アルコア、アレゲニー・テクノロジーズ、ソーラーワールドの5社と鉄鋼労組からデータを盗んだ。

主に原子力に関するデータだから事は重大。
米国史上初の外国人スパイの起訴というのだから、米中に大きな亀裂が生じたのではないかと思われます。

おそらくその背景には、中国による米国債の売りもあるのではないかと勝手な憶測もしてしまうわけですが、底はご愛嬌ということで。。。

とうの中国は捏造だと全否定。。。いつものことです。

少なくとも、この問題で、米中に決定的な亀裂が生じた可能性が高そうで、中国による米国債の売りが続くのかどうか、ある意味、金融戦争の様相になっていると思うので、変なことが起きると金融市場は混乱する可能性が高いと思われます。

ユーロクリアでのベルギーの米国債残高の激増振りはFEDが買ったものだと考えられますので、すでにいろいろなことが水面がで起きているようです。

表面化しなければ問題ありませんけれども、大きな変化が起きると金融市場が混乱する可能性がありえそうです。注意が必要な局面にきていると思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。