株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ユーロ売りの次の材料は、ドラギ総裁ではなく、反EU政党の躍進

今のユーロは来週のECBの発表を控えているので、そこに注目されていると思います。ですが、残された手は余り有効ではないと思うので、ユーロ売りは限定的だと思います。

その一方で、EU選挙で、反EU政党が躍進して、EU内部で反乱が起きるかもしれないという動きに見えます。この政治の変化は織り込んでいないので、もしかすると意外なユーロ売りにつながる可能性も考えられます。

ユーロ危機のときもユーロ下落を大方の人たちが予想したけれども、結果的には今の水準。解体もしていない。
今回の選挙結果は、その方たちの予想が、ようやく実現し始めたということなのかもしれませんし、ユーロ解体の始まりかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。