株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ドル円121円は行き過ぎ? ユーロドルショートはまだ行けそう?

ECBの追加緩和期待とFOMCでの12月利上げ期待でドル円は121円台に2度も突入した。

正直なところ、今の相場は円売りではないので、ドル円を買うというより、ユーロドルの売りの方がピッタリなような気がする。

現に、ユーロドルは短期サポートを割り込み、安値テスト局面に入った形。
ただ、ここからさらに下落して、2000年ごろの安値を目指すとも考えにくいので、いったいどうなるのかというところ。

もしユーロドルここからさらに下落するとしたら、その時の材料は存続が危ぶまれるときなのかもしれない。あるいは黒田総裁のような金融緩和をするときなのかもしれない。
ところが、現時点でその両方とも考えにくそうだ。ギリシャは離脱しないようだし。

もしEUの金融不安が改善するとしたら、ユーロは再び息を吹き返すことになるので、長期的な目線で見ると、今は、底打ちを待つときとも考えられそう。

もちろん時期はわかりませんが。。。
12月のECB理事会を待ちたいところ。

相場的には、ユーロドルの下落で、12月の緩和期待は織り込んだと思う。
あとは、期待を上回る緩和を実施するのかどうかというところか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。