株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 日経とダウのアビトラ - 裁定取引

一般的に、日経とダウとのスプレッドというのは、あまり論理的な根拠がないといわれることが多いけれども、結構、中長期なアビトラとしては有効な気がするので、簡単に紹介してみたいと思う。

2012年、ダウが13000ドルのころ、日経は9000円弱を推移。
その後、黒田バズーカで、日経は16000円、ダウは15500ドル。

2015年、日経が21000円弱、ダウが18300ドル。

今、日経が19000円、ダウが17800ドル。

日経が、若干上回っているけれども、おおむね接近しているのがわかる。
これからダウが上昇して、日経も上昇して、仮に、日経が38957円を突破するような上昇になるとしたら、ダウは当然、38000ドルを突破していることになるはず。

そう考えると、一見複雑そうに見えるマーケットの世界は、意外と単純な仕組みでできていることがわかりそう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。