株価指数とFXのモメンタムトレーダー

たぶんモメンタム投資家。季節性や勢いを使ったトレードをしていると思う。S&P500、日経、DAX、上海、ハンセン、ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフランなんかを使っています。

スポンサード リンク


質問要望などお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯にURLをメール!

QRコード
QRコード対応携帯をお持ちの方は↑のQRコードを用いて簡単にアクセスできます!

RSS登録ツール

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
債券が通貨が株が。。。
とにかくすごいことになっている。

南ア、やばそう。

そんなのが波及してくると、かなりボラの高い展開になりそう。
  • ドル円も株もまだまだ下がりそうな形

ドル円の下落が顕著で、下がるのはFOMC後じゃないかと思ったけど、すでに織り込んでいるような展開。
この調子だと120円割れはほぼ確実なので、iHerbで買い物をするなら、もう少し待った方が、ドル円の下落分だけ安くなる。

話を元に戻して、ドル円も株もまだ下がりそうな形なので、買いは控えたほうが無難なので、今は戻り売り。

S&P500は2000ptを目先のターゲット。
FTSE100は5800pt割れ水準を視野に入れているような。

いずれにしても、チャートの形は下落方向になっているので、買いより売りが優勢と思う。
ただ、大きく下げた後の反発力もあるので、買い材料が出たときには、頭を切り替えて強気買いをする予定。

今は、戻り売り。
しかも慎重に。
特に大きく下げた後は慎重に。
  • S&P500、ダウなどは、レジスタンス突破から新値テストの可能性

ECBの期待はずれからの暴落から一気に戻り、
高値テストになりそうな局面になっている米株価指数。

チャート的には、三角保ち合い。
流れ的には上にブレイクすると期待したいところ。

ブレイクすれば新値テスト局面入り。

目先は、米金融経済が上向きになるかどうか、中国経済が波乱要因になるかどうか。
このあたりが注目。
  • ユーロドル、ドル円はレンジになったと想定

ユーロドルの爆上げで、ドル高の調整が一気に終了。
これによって、ユーロドルはレンジになったと想定。

上は1.1ドル
下は1.080-1.085ドル

ドル円は従来通り、
上は123円ミドルから124円
下は122円ミドル
  • S&P500も日経も次のチャンス待ち。FOMCまでがひと相場かも

8月からのリバウンドが終わったわけだが、その途中途中でリバウンドの園児になる材料があった。
直近ではECB緩和期待がそれ。

そのECB緩和期待は、今日のECB金利発表とドラギ総裁の会見で終了。
期待感が剥落したため、ユーロが買い戻しで一気に反発。

S&P500などの株価も、数日前から調整気味で、その理由は着たいほどの結果はないという意見が出始めたため。
今日は、その調整が強まった形で、一度、下値を確認する動きに入るのではないかと予想。

その後は、FOMCに向けた反発が始まるのではないかと見て、再度S&P500は2100ptをテストするのではないかと。

S&P500に関しては、2100ptが目先の天井と思われるので、ここまでの上昇より、その前での利食いを予定しているところ。
まずは、買い場を確認してみたい。

今日のリバ取り、一旦終了。
午後にもう一度リバがあるかどうか、様子見。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。